読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

neon.

広告をつくってる25歳女。ポロっと書きたくなるもんなんです。

消えなくてよかった



消えたい、と思ったことが何度もあった。


死にたいじゃなくて、みんなが心配もせず、忘れ去られて、しゅって私がいなくなる状態。

私も、みんなも辛くない。


注射の針ですら嫌なほど痛いことや苦しい事は嫌いだから、しゅって消えちゃえばいいのにと思っていた。


大人は、辛いことがあっても逃げる自由がたくさんある。

子供は、学校と親と友達だけが世界だった。


楽しい世界を感じたことがあまりなくて、1人で食べるご飯も、1人で見るテレビもつまらなかった。

転校ばかりしていて、地元もないし友達なんてすぐ関わらなくなるものだと思っていた。

いじめられたりもしたけど、今思えば可愛いもの。でも当時はきつかった。笑


まわりは、大人を見て大人になることを学ぶ。私は、見るものが無かった。将来なんてよくわからなかった。いつも私はものを大事にしようとしても、いつのまにか環境が変わってしまうから「もう好きにしてくれ」と思っていた。

全てが受身だったし、どうでもよかった。


早くに与えられたインターネットで、頭ばかりが変に早熟して、性格はどんどん屈折していく。


さみしい、さみしいってずっと思っていたけど、ふゆは手がかからなくていい子だねと笑われてしまっては、いい子でいる他なかった。


でも、今思えば「これ食べておいてね」と用意するご飯も「おやつを買いな」と渡すお金も女手一つでは大変だっただろうと思う。


大人になったからこそ大変さがわかり、自分も変われた。

大人になり、親になるまでわからないなんて本当に皮肉だ。

でも、幼い時期にずっと1人では孤独だった。存在することが苦痛だった。消えたかった。


突然、自我が芽生えた瞬間に気持ちが追いつかなくて戸惑った。

すべてが憎くてたまらなくなってしまった。そんな自分も嫌いで消えたかった。


とにかく惰性で思春期を乗り切って、自由に使えるお金を手にしてからやっといろんな人が生きてることを知った。

好きにしていいんだ、と思ってからはやりたいことや好きなことが沢山見つかった。


学校が嫌いだった。

足並みを揃えることも、目標なくとりあえず勉強をすることも、絆を分かち合うことも、嫌いだった。

海外に行ったことのない先生から教わる変な英語も、みんなで結束して頑張る運動会も大嫌いだった。


だから、私に見返りをくれる仕事は好きだ。対価をくれる。

お金を稼ぐという目標がある。

仕事をすることには意味がある。


ただ学ばされることが嫌いだった。

極端だけど、英語を学ぶなら私は海外にいける保証がなければ納得しなかった。

今後、何かに役立つという漠然とした言葉がダメだった。

今思えばもったいないと思うけど、すべてに理由がないと気持ちが悪かった。


何か約束してもらえないと、こちらも守ることが出来なかった。

失うかもしれないものを信じられなかった。


意味もなく頑張れなかった。


親や環境を何度も恨んだ。


でも、今は私は大人になった。

自由がいっぱい。学生が良かったなんていう人の気持ちがあんまりわからない。


「親の呪縛から逃れられない。他力本願。人の際にする」ついついやってしまいがちだけど、親も人間だ。割り切って忘れた方がいいことがいっぱいある。

感謝したいところも今となってはある。子供の頃、沢山恨んだから疲れちゃったよ。


だから、いい年こいて「親が」「あの時」と言っている人はあまり好きじゃない。

もう、自由なんだから。


消えなくてよかった。

家族が増えた。大人になれてよかった。自分で選択することを知ることが出来た。世界が広いことも知った。


自分は、悲劇のヒロインなんかじゃない。悲しまなくていいんだと思った。うまくいかない事はたくさんあるけど、先が見えない孤独を抱えて未来が期待出来ない人生じゃない。


消えなくてよかった。

いっぱい泣いておいて良かった。


退院

やっと退院して、快適おうち生活。


どんどんお腹が膨らんで、まあ少し歩くだけでもヒーヒー。


体力つけなきゃなあ……。

少し前まで存在していた鎖骨がすべて埋まるほど太ったので

ちょっと考えものでござる。


色々とやりたいこと、やらねばならないことが山積みだ。

フルシカトして寝てたりするんだけど……。゚(゚^ω^゚)゚。


胎動が本当にわかりやすくなってきて、旦那さんが触ってもドゥルンドゥルンに動く。かわいい……お産頑張ります。

身だしなみと入院。

もう妊娠して34週と5日。

そろそろ落ち着いてきて、入院生活ともおさらばできそうだ。

 

少しずつお腹が大きくなるごとに、トイレが近くなる。

もう1日10回はいく。

 

そこで、鏡を見ると、スッピンでボサボサの、動かずにベッドに1ヶ月生活した浮腫んで太った姿が目に写った。

 

あ〜…。嫌だ。

 

病的に美醜を気にしているわけではないし、むしろもう少し気にしたほうが良い体型はしている。

でも、それなりにみだしなみは整えたい。

お化粧も、服装を気にすることも好きだ。

それにお見舞いにきてくれる友達や、旦那さんにこの姿を晒しているのも慣れはしたけど不本意なのですよ…。

 

1ヶ月パジャマでスッピンで、ベッドで寝て髪の毛ボサボサでいてみよう。

もう「おしゃれして外に出たい」とまで思うようになった。

 

普段は働いていて都心にでていて、残業から帰ってつかれていたので朝はバタバタ。

結構化粧は手を抜いていた。(ベースメイクに眉毛にマスカラにチークくらい)

 

1ヶ月紫外線を浴びることなく外気にも触れない。

朝日が昇れば目覚め、日が沈むと瞼が重くなる。

基礎化粧品はお気に入りのキールズラインで揃えたばかりだった。

(シミが気になりすぎて美白セット)

 

もう、今超お肌綺麗なんですけど…。

ファンデーションのせたい…。

 

美容室もいきたいし、お洋服はまだ産後もマタニティだろうからしばらくはゆったりで。あとせっかくしていたダイエットがふりだしに戻るほど太ったので、産後の肥立ちが良い頃からダイエット開始。

 

参観日にくるお母さん、可愛い方が嬉しいだろうからね。

がんばるよーまま!\(^o^)/

 

産後はダイエットと、個人で仕事を受ける数を増やすことと、育児エッセイをまとめるのが目標。正直育児エッセイってありきたりかもしれないけど、自分の絵で思い出を残すっていいなーと思っているので。

たくさん描いてまとめて、子供が大きくなった時にまた見てもらいたい。

 

 

ねむくなってきたぞー。おやすみ。

サブカルチャー?

私はわりと気持ち悪いものも「面白いな」「かわいいな」

と思ったりして購入したりする。

 

多分、サブカルクソ野郎精神がまだ残っている。

 

ヴィレヴァン未だにあれば立ち寄る。

何も買わないのに。

 

しかたない。思い返せば父も母もその傾向にある人だった。

ポパイやオリーブを読み、アディダスのスタンスミスに足をつっこみ、他の人が買うものは選ばない。良質な生活を目指していた()

そして父に至っては昭和のブリキやホーロー看板、フィギュア好き。

母は、私がセーラームーンなどのキャラ物の服に袖を通すことを許さなかった。

見せられるアニメは、ディズニーやカートゥーンネットワーク

普通に見てたけどね、サンリオとセーラームーンも。

 

それでいて私も「買ってくれないならしかたねぇ」と、駄々をこねず諦めるタイプだったそうな。覚えてないよ。

 

でもそういうのを見せてもらったからこそ今楽しい物がいっぱいある。

祖父からは絵本のかわりに水木しげるの妖怪百科を見せられ

妖怪はいるんだと教えられてきた。(そのおかげか神社とか好き)

日本の神様に関しては知識浅いし旦那さんのほうが知ってたからもう少しちゃんと知っておきたい。

母からは小学2年頃にまことちゃん等の楳図かずお作品やがきデカ、伊賀のカバ丸に陸奥A子をすすめられ、個人的にはコロコロコミック学級王ヤマザキやストップ!ひばりくんなんかも好きだった。あとハイスクール奇面組

 

サブカル野郎っていわれたら仕方ないんだけど、面白いっておもってるし可愛いともおもってたりするんだよなぁ…。

別に偏ったものだけが好きなわけでもないし普通に流行りものも好きになればハマる。

あと黒ギャル見るの好きだからもう一回はやらないかなって思ってる。関係ないか。

 

異端でいたい、平凡が嫌だ、特別でいたいと趣味を自分の付加価値にしようとしている間は本当に好きではなく、無理に愛そうとしていたんだろうなぁ。

そんな時間も嫌いじゃないし憎めないから覚えておく。

自分の価値は特別なものを好きでいることじゃなくて、それを見て何を思ってるかが後でついてくるし、それが素敵な感性になる。

 

好きなアニメにハマりすぎて、聖地を盛り上げようと移住した友人や、好きなジャンルに骨をうずめている子もいる。小さな頃に好きだったものを仕事にしている人もいる。趣味や好きだったものが身を固めていくわけだから、若く青く痛い時代もしっかり経験していた方がいいんだね。

 

これから生まれる娘が何をしてても止めたくないな。

邪気眼持っててもいいし、黒魔術使ってもいいから。

シャブとかそういうのはよしてほしいけど…。

 

今はまっているものはうさまる。

旦那さんはきもかわいいはあまり好きではない。

私が画太郎のラインスタンプとか送ると、普通に気持ち悪がられる。

彼がよくうさまるのスタンプを使うので、気がついたら買っていた。

シュールでもちもちしててかわいいんだ(^o^)

入院中うさまるの本が差し入れられてとっても嬉しかった。へへへ

 

偏ったものが好きだった時間と大人になって寛容になった心と合わせると色んな物が好きなババアになった。

新しい物をやたら拒否せず、いつでも良い物は好きになって、興味ないものは知ったうえで叩いたりはしたくないな。

 

ブログの更新が多いのは暇なのと ぼーっとベットで寝ながら考えてたことただ書いてるだけです。

 

老いても新しいことに目を輝かせる人が好き。

私もそうありたい。

陽の光と夜の灯り

眠い。


寝不足っぽい状態が続いている。

今まで、夢も見ず質の良い睡眠を取れていた。


だからこそ「腹の重みからくる苦しさ」「膀胱のキャパが狭くなりトイレが近い」「赤子が夜型の為、動き回るのが夜」「病院に問答無用で6時に起こされる」など、悩みが多く夢も見るし起きるし。


産まれてからも、あまり眠れないようなので覚悟しております。

ひとりで育てるわけじゃないから、あまり固く考えず頑張ろうかな。


太陽が登ると目を覚まし、陽が落ちると眠る生活。

こんな健康的なのは、初めてかもしれない。

基本夜型だし、仕事をしていた時は仕事終わりに飲んだり、やりたいことをやる時間に費やしていた為長い夜を過ごしていた。もちろん、残業にも苦しまされてたけど。


おかげさまで、今お肌超綺麗。

ストレスなく生活時間が健康的だとこうも改善するのか……。


感動しております。


時折くるマタニティブルーには参ってるけど、ほぼほぼ穏やかに過ごせています。病院では、助産師さんから癒し系で通っているそうです。

昨日知ったよ。今までやかましいとかテンションが淡々としてるとかしか言われたことない。(そこは悩み。ハイにならない。)


そろそろ退院&出産(ˊᵕˋ)

このお腹の中で蹴る感触、撫でる時に愛おしいと思う気持ち、不安で泣いた夜、ベビー服を選ぶ時に顔がほころび、旦那さんと喜び、最早孫バカな母と写真を見て可愛がり……


この穏やかな時間、全部ぶち壊されるほど赤ちゃんは起きている時悪魔で寝ている時天使だとお伺いしております。


たくさん寝てくれ。ぱぱはほっとくと1日寝る人だ。もうほんと、心配になるほど寝てくれ。


楽しみだなあ。写真たくさん撮ろう……。二度寝でもしたいけど、あと30分でまずい飯くるなあ。


シャバの空気吸いたい。

溜まった鬱憤の箇条書き

夏だね。


今年は蝉の声を聞かずに建物にしまわれたため、なんか暖房効きすぎた部屋で我慢してる感覚しかない。


病室がやけに暑くてね。

お金にものを言わせれば快適に過ごせるらしいけど、あと数日で退院だと思うとモッタイナイ精神じわじわでてくる。


流行りのポケモンGOも、歩けないからベッドにバサバサくるズバットが大量に増えるだけでアプリを開かなくなった。なんならモンスターボール取りに行けないから1回課金したチャリーン

きちんと遊びたいから、今は保留。


ゴロゴロゴロゴロしてるとまあ太る。食っちゃ寝しかしてない。

肉塊でしかない。


まあ、色々と仕方ないのだけど。


やれるかわかんないけどとりあえず今これしたい!という鬱憤大爆発リスト


・髪の毛を切りたい

ショートヘアなので基本2ヶ月ペースでうざったくなる

・大浴場でのんびりしたい

スーパー銭湯大好き(*・ω・)でもこれは断乳後かな…

・お化粧しっかりしておしゃれしたい

入院してるとするのもったいなくてしないから。ランコムのリップシェイカーとか使いたいじゃない。

・家族でピクニック

これはいこうね♥ってしてるから楽しみの一つ

お弁当のなかみはおにぎりかサンドイッチで迷う

・一日だけでもフェスかライブに…

これは様子見だけども。ずっと離れるの心配だしね。SiMかMWAM、うーんグリーンルームでもいい。

・減量

正直走りたいし泳ぎたい。今、あまりにも動かないから運動したい。

・綺麗な景色が見たい。山・海・花。




上記だけど、正直もう普通に歩けて湯船につかれるだけで多分幸せ。

湯船も体あたためすぎ良くないから、半年以上我慢してるし、歩くのもお腹が重くてヨタヨタしてたから シャキッと歩きたい。

書いて無くす鬱憤( ˙³˙)~♡


もうすぐ、産まれる。

楽しみだなー( ˙³˙)

父母ニヤニヤしながら待っています。


一番は退院したい(っ ¨̮ )╮ -💓

ははとおにぎりとわたし



お母さんのおにぎりはいつも緻密だ。

それは今でも変わらない。


大量の米を手に取り、圧縮しすぎだろうというくらいギュッとしめる。

だから、いくら食べても無限に減らない魔法のおにぎり(腹持ちもすごい)


現在入院中の病院食が不味い為、おかずとおにぎりを持ってきてくれた。歳のせい?なのか、最近こんな些細な気遣いですら涙が出そうになる。


元々わりと寂しがりなこともあり、まだ、1ヵ月の入院生活が少々苦痛になってきている。

一緒に誰かが食事してくれるだけでとても嬉しいし、横で本を読んでいてくれるだけで違う。


「あんたがお母さんか。信じらんない。いつもいきなり驚く選択をして色んなもの引き連れてくるけど、あんたそれで道を外したことないんだよね。いつも間違ってない」

おかずをつつきながら、ボソッと母が呟いた。


ぼやんと褒められてちょっと嬉しくなる。いきなり専門学校に入ることや、仕事が落ち着くまでのことを言っているのだろう。

今でもベッドの上でぼちぼち仕事をしている。

仕事と言えるほどでもないけど、報酬の約束は得ている。


デザインだけでなく、文章の仕事まで取り入れ始めたのは卒業後入社した会社のおかげかもしれない。

好き、から広がるものがどんどん増えた。


文章に関してはまだまだ素人だ。


元々興味があったが一番食えない仕事だと思って避けていた。


ただそれは偏った知識で、結構需要があることに気がついた。

だから、どんどん間口を広げて、幅を増やしたい。

今書いてるブログだって手馴しみたいなものだ。気軽だし、ひとりごとを言いたいときにちょうどいい。


知り合いで、ずっと文章で食べたいと言っている人がいる。


ぐっと飲み込んで「がんばれ~。コンペとかだせば」と伝えているけどこう思う。

文章なんて、ツールに過ぎない。

大事なのは何をどう表現するかだ。

それが明確じゃないのに文で食べたいなんて。何が言いたいの?それで何がしたいの?は、文に限らず必要な思考な気がする。

絵の具握って紙を前にしても、何したらいいかわからないんじゃ白いままだもんね。


ただひたすらにライフハックや知識を貯めたところで、結局表現方法がつまらなければ意味が無い。

最近よくあるキュレーションサイトにその現象が起きている気がする。

下手なキュレーターの記事はつまらないからね。


エッセイなんかがわかりやすい。

結構みんなありふれた日常を送っているのに、その人の手にかかれば面白い育児エッセイや自虐的な日常になる。

あ、サイバラさんとか中村うさぎさんとか能町さんあたりは別格だけど。


この記事も別に誰かに当てているわけではなく、まだまだな自分と母に言われた言葉の嬉しさとこれから頑張りたいっていう意気込みなんだけど。


反面教師というか「何でもいい。秀でたものが欲しいけどわからん」って、苦笑いしかできない。


才能がある人は継続をする力があるから、その場所にいられる。

どんなに辛くても、その場にしがみついてる理由は好きで仕方ないからだ。「そんなことないよ」とか思ってても、それ以外のことを考えていないのもまた才能だと思う。


自分は凡人だ。だから正直努力具合も中途半端だ。だからこそ!と努力しまくっても続かない。

マイペースなのが、私の良いところ。やる気のある時、やればいい。


やる気がない時は、好きな事をしていたらそれが不思議と活きたりしてるんだ。寄り道も好きだし、軽いノリで今までとは全然違うことをするのも悪くないと思っている。

別に立ち止まってるわけじゃない。

その時必要だからそうしてるだけだ。


惰性で続けて楽に手に入れられるものなんて脂肪くらいだ。


私はその脂肪を蓄えすぎたので、旦那さんに愛想をつかされないためにもかんばろうと思う。


その脂肪の原因になる美味しい母のおにぎりは、今日4つ用意されて3こ残した。


お母さん、美味しいごはんありがとう。でもどうやら、娘は胃が衰えているんだわ。若いけど、10代程の無限の胃ではいられない。


これから私は母になる。あなたのようになれるだろうかと、いつも思っている。料理は、しばらく練習だ。


今私が手に入れたもの全て、あなたが自由に生かしてくれたおかげだと思っている。


あと数ヶ月で産まれる娘に、私はどう映るのかが不安だけど、頑張ってみます。


立派なかーちゃんとかわからないけど、これなんだよねえお母さんは。と思ってもらえるものだけは見せたい。